やり遂げる力ってエネルギーを使う!最後までやり抜く心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やり遂げるって大変ですよね。

相当なエネルギーを使います。

 

だから知っておいた方が良いですよ。

あなたのエネルギーはどこに向かっているのか。

 

1・やり遂げるには本音と言い訳に目を向ける
2・やり遂げるための挫折ポイント攻略法
2-1モチベーションに左右されない
2-2失敗への解釈の仕方

の順にお伝えしていきます。

 

<スポンサーリンク>

 

1・やり遂げるには本音と言い訳に目を向ける

 

実は人って、誰でも一貫してやり遂げているんですよ。

どういうことかと言うと、それは本音と言い訳に隠されています。

 

何でもかんでも、善悪で判断したり、優れているか、劣っているかで判断してしまうと、

自分はやり遂げる事が出来ない人間だと錯覚してしまうんです。

 

やり遂げるということは、やり遂げた先にあなたが望む何かがあるんです。

 

もし、あなたがやり遂げようとしていることが、あなたが望んでいることではなく、

義務的だったり、何が正しいとか、劣等感などからの強制的なものだとしたら、

やり遂げるの至難の業でしょう。

 

変な話ですが、

やり遂げようと思っても、本心が変化を拒めば、言い訳をしたり、更にはウソをつき始めるんです。

 

つまり、変化をしないことをやり遂げようとしているんですね。

 

 

ですが、心から変わろうとしたり、やり遂げようとする時だって言い訳するし、ウソだってつくんですよ。

 

例えば、次こそは上手くいく、世の中こんなもんじゃない、俺の現実はこんなもんじゃないんだ、みたいに。

つまり諦めることが出来ない状態ですね。

 

でもこうゆう時って、何か強い動機があって、やり遂げようとするエネルギーがとても高いんです。

 

 

下の動画では、斎藤一人さんが、潜在意識について説明されています。

 

 

見て頂けましたか?

確かに、人の価値観は、出会ってきた人の影響が大きいですよね。

 

やり遂げてる人と、付き合ってみるのもありですし、エネルギーの高い人を、見習ってみるのも良いでしょう。

 

 

2.やり遂げるための挫折ポイント攻略法

 

モチベーションに左右されない 

 

せっかくやり遂げようと前進しているのに、

その日その時の気分に左右されて、怠けてしまったり、諦めてしまっては勿体無いですよね。

 

 

結果が出ず停滞していようと、たまたま結果が出てハッピーな気持ちになろうと、

いきなり自分のスキルが上がったり、何かが劇的に良くなることはありません。

 

毎日の積み重ねが実を結び、大きな成果に繋がるんです。

モチベーションが下がっていようと、上がっていようと、その日に出来ることは変わらないんですから。

 

チャンスや幸運は準備が出来ている人にやってきます。

だからやり遂げる必要があるんですね。

 

 

失敗への解釈の仕方

 

やり遂げようとする前に、心得ていた方が楽です。

 

成果を上げるには、何度も壁にぶち当たり、試行錯誤して進んで行くことを。

誰もが通る道で、こればかりは避けようがありません。

 

エネルギーの高い人は、最初からそのつもりで、

そんなの無理だよ!なんて周りの声を気にもしません

 

というか、それどころじゃないんでしょう。

 

その代わり、とても現実的な計画を立てているんですよ。。

それぐらい本気なんですね。

 

しかも、その時立てた計画に、完璧なものなど無く、

先に進めば事情が変わるもので、臨機応変に、計画を修正して行くことになるんです。

 

 

もし仮に失敗したとしても、なぜ失敗したか仮説を立てて、再チャレンジするんですね。

当然、何度も同じ失敗を、繰り返していては意味がありませんが。

 

<スポンサーリンク>

 

やり遂げるための言い訳~まとめ~

 

やり遂げるための言い訳をするのか?

諦めるための言い訳をするのか?

 

どちらの言い訳も、自身が望んでいることです。

でも、どちらがプラスのエネルギーで、どちらがマイナスのエネルギーかは、一目瞭然ですよね。

 

それと、同じ失敗をしないコツは、

人のせいにしないこと、直すべき所は直すこと、ではないでしょうか。

 

 

どんな高いエネルギーも、

害があったら上手く行きませんし、支持され、応援されて、さらにエネルギーが上がるんじゃないでしょうか。

 

僕も肝に銘じて、精進していきます。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*