「寝る子は育つ」このことわざは本当か?その科学的根拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔からよく言われている、

寝る子は育つという言葉。

 

はたしてこの言葉は本当なのでしょうか?

 

実は、睡眠時間には適度な時間があって、

寝過ぎは良くないらしいです。

 

ということで、今回は発育と睡眠の関係ついて、説明していきたいと思います。

 

 

目次
1・寝る子は育つという言葉は本当か?
2・睡眠時間と睡眠の質
2-1適度な睡眠時間
2-2良い睡眠環境の作り方
3・ついでの知識!概日リズム

の順にお伝えしていきます。

 

それではいきなり核心、寝る子は育つのは本当なのでしょうか?

 

 

1・寝る子は育つという言葉は本当か?

 

昔から言われている、寝る子は育つという言葉。

この言葉は、寝れば寝るほど良いというニュアンスですよね。

 

ですが、そういう意味では間違っているんですよ。

 

 

それは何故かというと、睡眠時に分泌される成長ホルモンが関係していて、

正確にいうならば、寝れば育つ、という表現が正しいからです。

 

では、成長ホルモンとは何なのか?

 

 

人間には、骨や皮膚や筋肉や臓器などがありますね。

それらを修復したり、子供の場合だと発育を促している物質にもなります。

 

他にも、身体と脳の疲労回復や、ストレス解消の効果もあるようです。

 

 

成長ホルモンは、睡眠時に大量に分泌されます。

しかも、1番最初の深い睡眠に入った時に、大量に分泌される様です。

 

 

それと、人間の睡眠には波があって、

深〜い眠りと、浅〜い眠りを、1セット約90分ぐらいで繰り返しています。

 

なので、1度目の深い睡眠に到達する時間は、
45分となりますよね。

 

90分にしてしまうと、一周して浅い睡眠状態になるので。

 

 

でも、誤解しないでしないで下さいね。

睡眠時間が短くても良い、という意味ではないんですよ。

 

ここでお伝えしたいのは、

子供の発育に必要な成長ホルモンが、大量に分泌されるのは、

睡眠後1時間ぐらいですよ〜ということだけです。

 

 

つまりですよ。

寝れば寝るほど、身長が伸びる訳ではない。

 

むしろ、それよりも睡眠直後の方が重要で、

そのために親御さんは、睡眠の知識を持って、

環境を整えてあげて下さいね。

 

ということです。

 

 

成長ホルモンには深い睡眠が必要だ、ということは理解して頂けたかと思います。

では次に、睡眠時間と睡眠の質について、詳しくみていきましょう。

 

 

2・睡眠時間と睡眠の質

 

適度な睡眠時間

 

良い睡眠には、適度な睡眠時間と、

深い睡眠が必要です。

 

ある統計によると、

10代前半までの平均睡眠時間は、8時間だったようで、

歳をとるにつれ、60歳にもなると、

平均睡眠時間は、6時間という結果がでたようです。

 

 

どの研究機関の統計でも、

年をとるにつれ睡眠時間は短くなりますが、

その原因は、年をとるにつれ、深い睡眠が減ってしまうからです。

 

 

それと当然ですが、睡眠時間には個人差がありますよ。

 

睡眠時間の平均は、あくまで目安としましょう。

ちゃんと良く眠れたと思える、睡眠時間にしてあげて下さい。

 

 

だからと言って寝過ぎるのも良くないです。

睡眠時間が10時間とかは、寝過ぎとされています。

 

たまになら問題ありませんが、
慢性的になると、睡眠不足と同じぐらい、身体に悪影響を及ぼすと言われています。

 

なので、睡眠時間は程々が良いんですね。

 

 

とはいえ、幼児期は発育のため、成長ホルモンが大量に分泌される時期で、

睡眠時間は16時間~18時間位が平均らしく、

昼寝が必要にならなくなるのは、幼稚園あたりかららしいので、

これには該当しないでしょう。

 

 

昼寝が必要なくなる、小学生ぐらいの年齢から、意識すればいいんじゃないでしょうか。

睡眠時間は、8時間~9時間を目安にすると良いと思います。

 

平均睡眠時間も、あらゆる機関のデータがあるので、その都度多少は違いますが、

おおよそこの位と覚えとくと良いです。

 

 

下の動画では、樺沢紫苑さんが、子供の睡眠や、

朝食の重要性について説明されておられます。

 

実は、僕も興味のある分野なので、樺沢さんが出版されている本は何冊か読んでいます。

 

時間の使い方や、睡眠に関してとか、勉強法などの分野を研究されていて、

とても分かり易く、面白いんですよ。

 

 

では次に、深い睡眠について見ていきましょう。

 

 

良い睡眠環境の作り方

 

子供は深い睡眠に入り易いです。

逆に歳を重ねると、深い睡眠が少なくなってくると言われています。

 

 

ここでも注意が必要です。

それは、子供は深い睡眠に入り易いとお伝えしましたが、

深い睡眠がとれる環境を、整えてあげる必要があるという事です。

 

 

でも安心して大丈夫ですよ。

理想的な環境とは、かなり簡単に作れるので。

 

 

どうすれば良いかというと、起きている時は日光を浴びて、

寝る時は、部屋を暗くして寝かせてあげれば良いだけです。

 

簡単ですよね~

でもこれだけだと何で?

と思われてしまうので、簡単に説明します。

 

 

眠気を促す作用がある、メラトニンという物質があります。

このメラトニンなんですけど、セロトニンという物質から生まれるんですね。

 

 

つまりですよ。

先に、セロトニンを貯めないといけないんです。

 

では、そのセロトニンって、どうやって貯めればいいかという話になりますね。

 

 

セロトニンは、光に反応して促進されます。

 

なので、日光を浴びましょうね。
となるんです。

 

日光が何故良いかというのは、部屋やスーパーの光なんかよりも、遥かに光が強いからです。

 

 

部屋を暗くすると、何故良いかも説明しておきます。

それは、眠気を促すメラトニンが、暗闇に反応して促進されるからです。

 

 

分かりづらかったかも知れないので、簡単にまとめます。

 

セロトニンは、起きている時に大量分泌され、光に反応する。
メラトニンは、寝ている時に大量分泌され、暗闇に反応する。
メラトニンは、セロトニンから生まれる。

と覚えて貰ったらいいと思います。

 

一応ここまでなんですが、
実を言うと、普通に生活していれば問題ないんですよね。

 

それは、どういうことか?

一応、概日リズムについても説明しておきますね。

 

 

ついでの知識!概日リズム

 

概日リズムって何のかと言うと、

簡単に言うと体内時計です。

 

1日って、24時間じゃないですか。

でも、人間の概日リズムは24時間~25時間なんですね。

 

 

この誤差が、昼夜逆転の原因でもあります。

 

今回のテーマから話が逸れてしまうので、これ以上は広げませんが、

こういうものがあるんですね。

 

 

その概日リズムによって、約16時間すると、メラトニンが分泌されて、
眠気が襲ってくるようになっているんです。

 

当然、昼寝をしなければの話ですよ。

 

 

なので、16時間起きていれば、勝手に眠くなってくる訳ですから、
そんなに気にしなくってもいいのかも知れません。

 

普通に学校に行って、放課後は遊んで、
夜になったら寝れば、自然と16時間位になるでしょう。

 

 

寝る子は育つ、この言葉は本当か?~まとめ~

 

寝る子は育つのは本当なのか?をテーマにしてお伝えしていきました。

 

結論は、寝れば育つという事でしたね。

それは何故かというと、発育を促す成長ホルモンが影響してるからです。

 

その成長ホルモンに関わる、睡眠のお話しもしましたね。

 

子供の睡眠時間の目安は8時間~9時間ぐらいで、質の良い睡眠がとれる環境も、整えてあげて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*