努力できないのは何故か?潜在意識に聞いてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、努力をするにも向き不向きがあるんです。

 

何でアイツは、あんなにひたむきに頑張れるんだろう?

自分には無理だ、と思ったことはありませんか?

 

ですが、そんなに不思議なことでもないんですよ。

たぶん、その人とっては、それだけ頑張れる価値のあることなのでしょう。

 

だから、あなたも見つけたら良いのです。

情熱を注げられるものを。

 

 

目次
1・努力出来ないのは何故か?潜在意識に聞いてみる
2・努力してでも欲しい未来

の順にお伝えしていきます。

 

まず、努力が続かないのは何故なのか?

詳しく見ていきましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

1・努力出来ないのは何故か?潜在意識に聞いてみる

 

努力が出来ないのは何故なのか?

それは、現状あなたにとって、努力してまで手に入れたい結果ではないからです。

 

だから、努力が出来ない自分を責めないようにしましょう。

努力するということは、まず失うことから始まりますよね。

 

時間は浪費するし、壁にぶつかれば嫌になっちゃうし、

ダイエットだったら、好きな物が食べれなくなりますよね。

 

そして、それらを乗り越えた先に、結果が付いてきます。

 

辛いことばっかなんだし、それに見合う結果じゃないと、努力し続けられませんよね。

 

ですが、見合う結果というのは、人それぞれ価値観の違いもありますし、

しかもを努力している内に、その価値観すら変わってきます。

 

 

少し話が逸れますが、

潜在意識と顕在意識はご存知ですか?

 

努力についてお話しているので、この場合だと、

 

潜在意識=心の声、本音
顕在意識=意思決定

と思って貰えれば、分かりやすいと思います。

 

つまり、努力が出来ないのは潜在意識で、苦しい努力よりも変わらない現状、楽をすることを、

選んでしまっているのです。

 

しかも私達の意識は、

潜在意識が9割、顕在意識が1割を占めていると言われています。

 

なので、抗えないのです。

抗うと苦しいんですね。

 

 

せっかく努力をするのなら、あなたの潜在意識に耳を傾けてみて下さい。

それが情熱となり、努力の原動力となるでしょう。

 

明確に職業、どうしたいか?とかじゃなくても良いんですよ。

自分にとって大切な思いや、どう在りたいかでもいいんです。

 

 

下の動画は、引き寄せの法則の入門編です。

潜在意識といえば、引き寄せの法則を思い浮かべる方は多いと思います。

 

 

それでは次にいきましょう。

とりあえず、どうしたいか分からなければ、なにかしら行動を起こした方が良いでしょう。

 

 

2・努力してでも欲しい未来

 

努力をするのなら、自分の好きなことや、情熱を注げることだと継続し易いです。

 

抽象的でいいので、自分はどうしたいのか?どうありたいのか?どうなりたいのか?

 

自分に問いかけてみて下さい。

 

脱サラしたい、お金持ちになりたい、幸せな家庭を持ちたい。

こんな感じなら、誰でも答えられますよね。

 

まぁ、お金持ちになりたいは、何故お金ちになる必要があるのか?にもよりますが。

 

それと、目標が大き過ぎると、達成出来るまで、努力し続けられませんよね。

達成するには、どうすれば良いかも分からないし。

 

なので、その目標を達成するにはどうしたら良いのか?何が必要なのか?調べる努力から始めてみましょう。

 

ここで肝心なのは、今から出来る所まで調べることです。

 

そして、実行していきましょう。

できれば毎日時間を決めて、いつ実行するかも決めると良いですよ。

 

例えば、朝起きて1時間だけ毎日やる、みたいに。

 

毎日決まった時間に実行することで、習慣付き、その内苦にならなくなりますよ。

 

1時間なら1時間、と決めることで、はその時間内で、なんとかしようするので、集中し易くなります。

 

もちろん1時間である必要はありません。

好きな時間、できる範囲からでいいんです。

 

夢に向かって少しずつ、今から出来ることを努力してみて下さい。

 

<スポンサードリンク>

 

努力を出来ないのは何故か~まとめ~

 

努力をし続けることは、とても大変ですよね。

失いまくった先に、付いてくる結果ですから。

 

その結果は、あなたにとって必要なものですか?

もし必要な結果なのなら、何も失いませんよ。

 

必要だった経験となるでしょう。

それには、あなたが情熱を注げるに、値することを見つけて下さい。

 

心の声に耳を傾けて。

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*