友達が少ない悩みは無用!実はモテるしメリットもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかして、自分の友達の少なさに、自信が持ててませんか?

全然気にすることないと思いますよ。

 

むしろ、少ない友達を大切にしているんだっ、て自信を持っていいと思います。

 

もし持てないのであれば、この先を読んで下さい。

多分自信が付きますよ。

 

本当は絶対って言いたいけど。

 

 

目次
1・友達が少ないと劣等感を抱いてしまうのは何故なのか?
2・友達が少ないのは見る人によっては魅力的
3・孤独と孤高の幸せの違い
3-1孤独とは
3-2孤高とは

の順にお伝えしていきます。

 

それでは何故、自信が持てないのか詳しく見ていきましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

1・友達が少ないと劣等感を抱いてしまうのは何故なのか?

 

友達が少ないことで、劣等感を抱く必要なんて、ホントはないんです。

 

僕には、今でも会える過去の友達、というか、今は疎遠だけど、いつでも会える友達はいっぱいいます。

 

でもよく会う友達って、何年か措きに変わるんですよね。

 

 

その気になればいつでも会えるんで、僕が心を許しているということでしょう。

 

 

僕も、普段良く会うのは3人ぐらいですよ。

 

 

では何故、友達が少ないと劣等感を抱いてしまうのか?ご説明していきます。

 

友達が多い人って、自然と友達が多くなった、っていうケースもあると思いますが、

まぁ、友達が多いのに、少ないと感じて劣等感を抱く訳がありませんよね。

 

むしろ、友達が多いことが当たり前で、安心していると思いますよ。

でも、そんなに良い事ずくめでもないんです。

 

劣等感の代わりに、こんな感情を抱くんです。

それは、不安と恐怖。

 

 

どういうことか説明していきますね。

 

 

私達は、1人では生きていけません。

世の中には、関わっていなくても、必ず他者は存在します。

 

だから比較してまうし、少数派の人は、自分が劣ってる、と勘違いしてしまうんです。

 

 

でも多数派の人達も、条件は同じなんです。

1人では生きていけない、他社が存在しているという点は。

 

そこで抱く感情は、不安と恐怖。

 

劣等感、不安、恐怖、この3つの根底にあるのは何だと思います?

なんとなく分かりますよね?

 

それは、受け入れてもらえなかったらどうしよう、です。

 

承認欲求って分かりますかね?

文字通りなんですが、他社に認めてもらいたい欲求です。

 

つまりこういう事。

 

 

少数派の心理

 

自分は友達が少ないから、コミュニケーション能力に自信がない。

受け入れてもらえなかったらどうしよう。

だから劣等感を抱く。

 

 

多数派の心理

 

今ではなくても、たとえ過去の記憶だとしても、手放すことが不安、捨てることを恐れる。

だから、自分の気持ちを発信するのが怖い。

受け入れてもらえないかも知れないから。

 

 

どうですか?

似てますよね。

 

少数派はこっちからあっちに行くことを恐れます。

でも多数派も、こっっちからあっちに行くことを恐れているんです。

 

 

それでは次にいきますね。

 

実は、見方をちょっと変えて、考え方を変えるだけで、少数派も悪くないなって思えるんですよ。

 

<スポンサードリンク>

 

2・友達が少ないのは見る人によっては魅力的

 

それでは少数派も悪くないかも?って思わせます!

 

まぁ良いことばかりではありませんが、良い部分もあるんです。

 

最小関心の原理って知ってますか?

 

 

色んなことに使えるんですけど、

最小>最大という風に関心が集まる、という原理です。

 

例えば、芸能人なんて、そうじゃないですか。

芸能人が最小で、一般人が最大です。

 

注目は集まるが、バッシングもされ易いですよね。

 

 

これを一般人だけに当てはめると、

モテる、と、虐められるとなりますよね。

 

モテる人も、虐められる人も、少数派の人達です。

モテる人の過去に、虐められた経験があるって良く聞きますよね。

 

 

つまり何が言いたいのかと言うと、

1人←100人を見ている。

1人→100人を見ている。

となるのです。

 

 

では、ここで改めて思い出して下さい。

劣等感、不安、恐怖。

 

なんか思いませんか?

そう、違うんですよ。

 

感じ方、考え方が。

 

 

僕の場合だと、彼女欲しいな~とか思うんですけど、あんまり恋愛は、僕の中では優先順位が低いんですよね。

 

昔に比べたらですけど。

 

でも、周りに友達がいっぱいいて、常に恋人がいる人達からこう言われるんですよ。

 

 

寂しくないの?私はカップルを見ると、

羨ましいって思っちゃうって。

 

 

それでは次に行きます。

この感情の違いを、また別の角度から見てみましょう。

 

 

3・孤独と孤高の幸せの違い

 

孤独と孤高の違いは分かりますか?

 

 

孤独とは

 

気持ち的には独りぼっちです。

その原因は、他者と比較するからです。

 

劣っているか、認められてるか、惨めじゃないか?

他者と比べてしまい、競争してしまうのです。

 

自分の心を見ず、他人の心を見てしまっている。

だから、いつまでも孤独から抜け出せない。

 

 

孤独と孤高の名言集~動画~

 

 

孤高とは

 

人は人、自分は自分、というスタンスです。

他者との競争はしません。

 

自分の気持ちに向き合い、他人の気持ちにも向き合います。

組織でいったら全体を見ます。

 

自分も他人も含め、高い視点から見れるので、人との距離感が抜群です。

周りからみたら、一見寂しそうに見えるが、本人はそんなに寂しいと思ってないんです。

 

 

どうですか?

違い分かりました?

 

孤独な人って、たとえ周りに人がいても孤独に感じるし、

それに対して、孤高の人は、1人でいても独りぼっちとは感じないんですね。

 

もう分かりますよね?

孤高になりえる人は、少数派の人達なんですよ。

 

 

そして、みんなと同じじゃ価値がありません。

だから最小関心の原理が成り立つのです。

 

人の心を動かすのは人の心です。

だから自分の心に向き合う必要があり、人に求められ、関心を持たれるんです。

 

<スポンサードリンク>

 

友達が少ないからって気にしない~まとめ~

 

どうでしたか?

友達が少ないからって、気にすることないと思いますよ。

 

むしろ、友達の量よりも、質の方が重要なのではないですか?

僕は、個人的にそう思います。

 

 

少ない友達でも、深い関係を築ける方が、価値が高いと思いますよ。

 

僕も、こうやってブログを書いているので、

情報発信者として、価値のある本音を伝えできるように、精進していきます。

 

 

お互い頑張りましょう!

応援しています!

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*