心を開く理想的な関係と開き方!開いちゃいけない相手もいる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心を開くとは!

難しいテーマですね~

 

どの程度開けば、開いた事になるのか?

価値観の違いがあるので、一概には言え無いんじゃないでしょうか?

 

 

例えば、感情的になりやすい人からは見たら、

冷静な人は、心を開いてないと思われてるかもしれません。

 

心を開いてるつもりなのに、つかみどころがない、

とか言われる事もあるんじゃないでしょうか?

 

表面的な部分しか見られてないと、こうなってしまいますね。

 

 

他にも別の視点から見たらこうなります。

 

誰にも孤独な部分がある。

孤独に関する名言もいっぱいある。

 

こんな事まで言えちゃいます。

 

 

孤独に関しては話が逸れるので、これ以上広げませんが、今回のテーマは「心を開く」なので、

一概には言えないという事をお伝えしたかったのです。

 

 

では本題に戻りますね。

 

今回お伝えするのは、心を開いてるってどんな関係か?
どんな人に開きやすいか?どうやって開けば良いの?などです。

 

 

 目次
1・心を開く理想な関係
2・心を開きやすい相手の選び方は意識レベル
3・心開く相手と上手く付き合う相手の見極め

の順にお伝えしていきます。

 

まずは、どんな関係が心を開けてると言えるのでしょう。

 

 

1・心を開く理想な関係

 

何年振りでも気にならない。

 

一度心を開いてしまえば、何年振りだろうと気にせず会う事が出来るんじゃないでしょうか?

 

 

何か困難にぶち当たった時、何か変化があった時、

懐かしさを求め、ふと頭をよぎる人はいませんか?

 

思い浮かべたその人は、あなたが心を開いていた方ではないですか?

ではその人に、久しぶりに連絡を取ってみたり、実際に会ったりするとします。

 

久しぶりって感覚はあるかもしれませんが、以前と変わらない、

な関係じゃないでしょうか?

 

一度心を開いてしまえば、何年たとうが何も変わりません。

 

お互いが自分の都合で良い。

お互いが自分の都合で動いても気にならない、という事です。

 

 

ラインの既読とか折り返しの電話って、気にしますよね。

早く返さないとって。

 

でも心を開いている相手になら、時間がある時に返せばい良いですよね。

 

眠かったから、なんて言い訳も通用します。

言われた側も、ふ~んそうなんだ、という程度にしか思わないのではないでしょうか。

 

 

心を開けてる関係については以上です。

それでは次に、どんな相手になら心を開きやすいか見ていきましょう。

 

 

2・心を開きやすい相手の選び方は意識レベル

 

意識レベルが近いと分かり合えやすいです。

要するに精神年齢が近いと、価値観も近いという事です。

 

 

子供同士って仲良くなりやすいじゃないですか?

まだ子供の年齢だと、意識レベルに差がない、つまり価値観に差がないからですね。

 

でも大人になると差が出て来てしまいます。

成長速度には個人差があるので当然ですね。

 

 

精神年齢が上がると意識レベルも上がります。

どういう事かと言うと、物事の捉え方が変わって来るって事です。

 

意識レベルが違いすぎると話が合いません。

どちらか一方が合わせてる関係を、心を開けてる関係とは言えませんよね。

 

 

大事なのは意識レベルが近いかです。

性別ではありません、性格でもありません、年齢の差でもないですよ。

 

 

では最後に、心を開く相手の見極め方と、心の開き方についてお伝えします。

 

 

3・心開く相手と上手く付き合う相手の見極め

 

まず余計なトラブルを生まないために、理解して欲しい事があります。

それは、あなたが心を開いて、全ての人と仲良くなるのはムリだという事です。

 

 

あなたが心を開く事を、望んでない人もいます。

だから、誰彼構わず開くのはおすすめしません。

 

そういう人に心を開いてもいいんですが、

トラブルになったり、分かり合える様になるまで苦労しますよ。

 

意識レベルの話はお伝えしましたね。

なので心を開く相手と、上手く付き合う相手を見極めた方が良いと思うんです。

 

下の動画をどうぞ。

 

 

動画でも言っていますが、この人には開いていいんだな~

って直感で分かると思いますよ。

 

では、心を開いても良さそうな相手には、どうやって心を開いたら良いか?

 

凄く簡単です。
難しく考えないで下さい。

 

特に話題が無ければ、話さなければ良いだけです。

無理に会話を繋げようとしなければ良いだけです。

 

話すなって言ってる訳じゃないんですよ。

話す事があれば、話せば良いという意味です。

 

 

後、その時に気をつけて欲しい事があります。

 

好かれてるか?嫌われてないか?つまらないと思われてないか?引かれたら?

間違ってもこんな風に思わないで下さいね。

 

相手に伝わってしまいますよ、気を遣わせてしまいますよ、心を開きたいんですよね?

 

お互いが沈黙を思い出せない程に、何を話したかなんて気にならない程に、

そんな自然体な関係になれると良いですね。

 

 

心を開くとは~まとめ~

 

心を開くとは、お互いが楽な関係です。
お互いが自分らしく在れます。

 

これから心を開く相手は、意識レベルが近い人を選ぶと良いです。

心を開く相手は見極めましょう。

 

心を開きたいなら自然体を目指しましょう。

ちなみに、気になる異性の心を開きたい時にも、同じことが言えます。

 

 

関連記事

モテる男の雰囲気の会得法!人間磁石を目指せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*