脅威の意味とは!脅威を感じる5大要因と人間の本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脅威を感じる。

この言葉を深く理解出来れば、人間関係が良くなります。

 

先ず最初に、恐怖と脅威の違いについて。

 

その次に、脅威の5大要因を、Scarf(スカーフ)モデルを使って、詳しくお伝えしていきます。

 

 

一応言っておきますが、スカーフを巻いた、可愛いモデルさんの話ではないですからね。

 

さらに、念のために先に言っておくと、脅威の要因には5つの領域があり、

その5つの頭文字をとって、Scarfと名付けられました。

 

つまり、イニシャルですね。

目次を見て頂いたら、何となく分かって貰えると思います。

 

 

 目次
1・驚異の意味とは何なのか?
2・脅威の5大要因!Scarf(スカーフ)モデル
3・Scarfモデルはイニシャル
3-1・Status(地位)
3-2・Certainty(確実性)
3-3・Autonomy(自律性)
3-4・Relatedness(関連性)
3-5・Fairness(公平性)

の順にお伝えしていきます。

 

それでは最初に、脅威とは何なのか?

恐怖とは何なのか?

 

北朝鮮の話ではありません。

 

当然、北朝鮮も脅威の存在ですが、もっと生物としての、人間の本質の話をしていきます。

 

 

1・脅威の意味とは何なのか?

 

そもそも、脅威の意味とは何のか?

似た意味合いの言葉に、恐怖なんて言葉あります。

 

でも恐怖は感情なので、使い方や意味が違うんですね。

 

恐れるとは、すでに対象がハッキリしていて、

具体的なのです。

 

 

それでは、脅威とは何だと思いますか?

脅威とは、全てのマイナス感情の要因です。

 

 

マイナスな感情といえば、恐怖以外にもありますね。

怒りや悲しみ哀れみなども、私達の感情を強く動かします。

 

 

私達人間は・・・いや、人間というより生物は、

自分にとってプラスになる事が大好きで、

その反対の、マイナスになる事は大っ嫌いなのです。

 

 

でも、これは仕方がない。

生物として生存するために必要な、生き残るための本能でもあるから。

 

 

人間関係に費やすエネルギーの比率も、

ポジティブが1に対し、ネガティブが3らしいです。

 

元々他人であった夫婦ともなると、

ポジティブが1に対し、ネガティブが5だという研究結果もあります。

 

このことから、夫婦関係の難しさが伺えますね。

 

 

なんか話が逸れてきましたが、

サラッと夫婦円満のヒントをお伝えしました。

 

ポジティブな面が、重要ということですね。

 

過ごし方や会話など。

 

 

話が逸れちゃって、済みません。

それでは、脅威の話に戻します。

 

脅威の意味とは、現時点ではハッキリしていないんだけど、あなたを脅かす要因となるかも知れない、

という意味です。

 

 

つまり現時点では、恐怖となる程、対象がハッキリしていなくても、

1%でも恐怖となる可能性があるのなら、

あくまで可能性としてですが、それは脅威となり得るのです。

 

 

脅威の意味については、理解頂けたでしょうか?

 

 

それでは次にいきましょう。

ここまでは前置きですよ。

 

 

実を言うと脅威とは、明確に定義されています。

先程、研究結果のお話をしましたね。

 

哲学、心理学、脳科学は繋がっており、あらゆることが研究対象になっているんですよ。

 

 

それでは、ここからが本番。

脅威とはなにか、深く理解していきましょう。

 

脅威の5大要因、Scarf(スカーフ)モデルについて詳しくご説明します。

 

 

2・脅威の5大要因!Scarf(スカーフ)モデル

 

実業家にして、コンサルタントのデイヴィット、ロックという方がいます。

 

この方が、脳科学の分野の方々と協力して、Scarfモデルというものを確立しました。

 

 

ちなみに、(デイヴィット、ロックウェル)は別人ですよ。

ロックウェル家は関係ありません。

 

名前で検索すると、デイヴィット、ロックウェルばかり出てくるので、間違えないように注意です。

 

 

話を戻します。

 

Scarfモデルとは、脅威の5大要因だとお伝えしましたね。

ですが、報酬ともなりえる5大要因なのです。

 

 

どういうことかと言うと、脳科学的な話です。

 

先にお伝えした、ポジティブとネガティブの比率を思い出して下さい。

 

つまり私達生物は、報酬(ポジティブ)に向かい、脅威(ネガティブ)を拒絶するのです。

 

 

何故、Scarfモデルが、脅威の要因でもあり、報酬にもなりえるのか疑問ですよね?

 

それは、脅威になる要因を理解しておければ、

仕事や恋愛や、友人関係などの人間関係が、良好になるからです。

 

お互いにとって脅威になるのでなく、お互いにとって報酬になれば良いのです。

 

それでは、具体的に説明していきます。

 

 

3・Scarfモデルはイニシャル

 

何故、Scarfという名前が付いたのかと言うと、

脅威の5大要因の頭文字とって、Scarfと名付けたから。

 

 

  • tatus(地位)
  • ertainty(確実性)
  • utonomy(自律性)
  • elatedness(関連性)
  • airness(公平性)

 

 

これが、Scarfモデルの5つの要因です。

1つずつ説明していきますね。

 

 

下の動画は、世界の歴史と、色んな意味での怖い実話です。

 

 

それでは、Scarfモデルの5つの要因を、

1つずつ説明していきます。

 

 

Status(地位)

 

これは想像が付きやすいですね。

地位を脅かされるのもそうですし、地位を振りかざすのもそうです。

 

一括りにすると、競争社会での周りからの評価ではないでしょうか。

 

 

人間関係には、目に見えない優劣や、上下関係が存在しています。

 

相手のことを思ってした親切でさえ、相手によっては、

「気に食わない、生意気だ」と、受け取られてしまうこともあります。

 

 

Certainty(確実性)

 

確実性に脅かされる?

分かりづらいし、日本語じゃ伝わりません。

 

 

つまりこういうこと。

 

私達人間は、確実性が大好き。

不確実な不安になる要因は、脅威のなのです。

 

 

私達人間は、正解のない不安を頭痛がするまで考えます。

それ程、不確実が大嫌いなのです。

 

 

だから、勇気を振り絞らなければいけない。

 

 

分かり易い例えだと、異性への告白なんかどうでしょう。

 

慣れてなくて、それでも勇気を振り絞った告白は、

小手先のテクニックなんかよりも、相手の気持ちに響くものです。

 

 

告白だけじゃなく、人間関係全てにおいて言えますね。

先ずこちらから心を開く、本音を言う、先頭を切るとか。

 

 

仕事や人生の、能力面に関しても言えます。

失敗の数が、成功への1番の近道で、確実性への近道でもあります。

 

「苦労は買ってでもしろ」なんて、よく言ったものです。

 

正解のない不安よりも、

確実性のある失敗の実績が必要です。

 

 

Autonomy(自律性)

 

これも意味が分からない。

これはつまり、あなた一個人が、問題に直面した時の支配権です。

 

 

もっと分かり易く言うと、権力です。

私達人間は、他人の権力は大嫌いだけど、自分の権力は大好きです。

 

例えば、仕事でミスってしまった。

その時の支配権と言えば、分かり易いんじゃないでしょうか。

 

経営者や上役に行くほど権限が与えられ、何かあっても何とかし易いですよね。

 

 

これには実験結果があり、イギリスの社員を対象に行われました。

平社員と上級管理職とで、どちらがストレスに晒されているか。

 

 

お分かりかも知れませんが、平社員です。

 

 

管理職は、経営者に何かと口うるさく言われますが、

ストレスに晒されているのは、大抵は平社員です。

 

1つ上に、余程優れた上司でもいない限り、これが現実なのです。

お金を稼ぐノウハウと、心の在り方や宗教だって別問題ですから。

 

 

でも、なんか納得いかないし、おかしいですよね?

 

 

実は、このScarfモデルは、今言ったような問題を、打開するためにも使われています。

 

でも、結局は個人の問題なので、組織や社会で見た場合は、難しいでしょう。

 

 

後、恋愛でもそうですよね。

惚れた弱みってやつです。

 

惚れた側が、追いかけてばかりで、疑心暗鬼で不安に駆られます。

 

 

Relatedness(関連性)

 

これは、自分と関連する人達の、誰が敵で、誰が味方かという話です。

 

つまり、自分のことを認めてくれないがいっぱいいると、大きな脅威に感じるということ。

 

 

人生の幸せとは、付き合いのある人間の質と量で決まる、なんて研究もあったようですよ。

 

幸せな人付き合いとは、お互いが自立している個の関係です。

 

人は1人では生きていけませんが、依存しあう関係は、お互いの成長にはならないのです。

 

 

徒党を組んで、事実をひん曲げてしまうのも良くないし、

心を許し合う関係と、依存しあう関係も分けて考えなければいけません。

 

人は、幸せになりたいと願いながらも、

脅威を避けるために、つい依存の関係を選んでしまいがちです。

 

 

それと、人はやはり生物なので、相手を敵と見なす所から入ります。

 

なので、敵と思われたくないのであれば、こちらから歩み寄る必要が有るでしょう。

 

仮に心では、「しょうがない奴だな~」と思っていても良いんじゃないかと、

僕個人的には思いますよ。

 

 

Fairness(公平性)

 

これも分かり易いですね。

平等じゃないと不服だ!ということですね。

 

余り説明はいりませんよね?

 

嫌な面を見ると、イジメられる側の辛い心理でしょう。

 

 

一個人として気を付けるのであれば、相手によって態度を変えないようにする、

と言ったところではないでしょうか。

 

特に、集団行動が大好きな日本人は注意です。

 

 

人間は、理性と感情の生物です。

実は、人間だけが、飛びぬけて発達している脳の部分があります。

 

それは感情系(別名、社会脳)

 

感情があるから理性がある。

だから、社会が成立するんです。

 

だから、感情に流されるというのは、エゴばっかりというのは、

人間の長所を生かせておらず、「何をやってんだか」という話なんです。

 

 

それと、人間以外の動物には、不公平という概念はないんですよ。

 

例えば10個のドックフードがあったとして、

Aの犬とBの犬は、貰えるドックフードの比率で争いません。

 

 

人間社会には裁判があるし、

善悪で判断する価値観がありますね。

 

利益や労力としてマイナスでも、

人間社会には公平性があります。

 

ですが、公平性とは、人間社会の不公平にもなり得ます。

それが、脅威なのです。

 

 

脅威の意味とScarfモデル~まとめ~

 

脅威の意味は、全てのマイナス感情の要因です。

 

私達人間は、生物なので競争社会の中にいます。

だから、脅威を感じることは当然です。

 

 

人間の強みは、感情であり、また弱みとなるのも感情です。

 

なので、Scarfモデルを意識して行きたい所ですね。

特に、管理職に必要なスキルでしょう。

 

 

ですが、一個人の良好な人間関係にも応用可能ですね。

夫婦、恋愛、友人、家族、全てにおいて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*