自分のことしか考えない人の実のところと対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のことしか考えない人って、酷いケースは本当に酷いです。

家庭内のDVだったり、会社内での暴力なんて最悪ですよね。

 

色んな人見てきたけど、「何で人ってこんなに差が出るんだろ~」と思います。

 

 

今回は、自分のことしか考えない人をテーマに、

そういう人の実の所を、特徴としてお伝えしていきます。

 

最後に、月並みなことしか言えませんが、僕なりの対処法もお伝えします。

 

 

目次
1・自分のことしか考えないない人の特徴6選
1-1・自己分析が出来ていない
1-2・客観視が出来ない
1-3・人によって態度が露骨に違いすぎる
1-4・動物的で人間味がない
1-5・意志が弱いから自信がない
1-6・理解力がない
2.自分のことしか考えない人の対処法

の順にお伝えしていきます。

 

それでは先ず、特徴と何故そうなってしまうか見ていきましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

1・自分のことしか考えない人の特徴6選

 

自己分析が出来ていない

 

自分のことしか考えない人って、実は自分の気持ちも分かってない人です。

 

内省力(自分の気持ち)と、

共感力(相手の気持ち)ってご存知ですか?

 

実はこの2つは比例するんですよ。

内省力が低いということは、共感力も低いってことです。

 

 

それで順番で言うと、内省力から必要になってくるんですね。

自分の気持ちも分からないで、人の気持ちを分かることは無理ということです。

 

<スポンサードリンク>

 

客観視が出来ない

 

自分のことしか考えない人は、

自分の気持ちも相手の気持ちも分かっていません。

 

なので、自分に対しても相手に対しても、客観視することが苦手です。

 

 

自己分析が出来ている人は、自信があって自分の強みを知っているので、

外に向けて攻撃しないんですね。

 

もししてしまっても、

「自分に自信がなかったんだな~」、

「不安だったんだな~」

と気付くことが出来るんですね。

 

 

自分のことしか考えない人を問い詰めると、

言い訳が多いです。

 

そこからさらに問い詰めると、を付き始めます。

 

しかも悪気がないといか、自覚がないんですね。

 

 

人によって態度が露骨に違いすぎる

 

人によって態度が露骨に違います。

相手の足元を見過ぎということです。

 

 

コイツは自分より下の立場だから攻撃的で良い。

あの人は自分より立場が上だから、「へへへ~」って笑いながら後ろに隠れとこう。

コイツは頼りになるし、甘えちゃえ。

 

なんて感じに。

 

 

人は誰しも、僕もそうですし、人の足元を見るものですが、

余りにも露骨すぎると信頼を失います。

 

本当の良い人間関係は築けません。

 

 

これも自己分析が出来ていないから、

相手の気持ちも分からない。

客観視も出来ていないからです。

 

 

動物的で人間味がない

 

人が他の動物と圧倒的に違う所は、の感情をコントロールする部分が発達している所です。

 

1番外側の1番前方の部分を、前頭前野って言います。

簡単に言ってしまえば、1番前の部分ですね。

 

おでこや目のあたりです。

 

 

人間の脳は、圧倒的に前のめりに出来ています。

 

つまり、前頭前野が発達しているから、

感情のコントロールや、深い思考が出来るようになっているんです。

 

 

心と言うのは、科学的な意味で言うと、前頭前野です。

心臓のあたりに、心がある訳ではありません。

 

ここが弱い人が、内省力と共感力が低い人です。

 

 

人は動物的な面と、理性的な面があります。

自分の気持ちを分かってる人は、相手のことを思える人です。

 

だから、さっき言ったような、相手の足元を見ることが少ないんですね。

誰に対しても態度が同じで、信頼と安心感を与えます。

 

 

意志が弱いから自信がない

 

自分のことしか考えない人は、実は自分に自信がありません。

人は誰しも、幸せでありたいと望みます。

 

相手を攻撃すること自体に、幸せの要素は1つもありませんね。

それなのに攻撃的になってしまうのは、何かを守ろうとしているからです。

 

 

「何を守ろうとしてるの?」って僕に聞かれても、僕にも分からないですよ。

「その人に聞いてください」としか言いようがない。

 

でも聞いたところで、その人も分からないんですよ。

自己分析が出来てなく、客観視が出来ず、動物的だから。

 

動物に、縄張りを守る意味を問うのと同じぐらい無理な話です。

 

 

理性の働く人は、

自分の意志がハッキリしているから、自分の負の感情も受け止めることが出来て、

気持ちの切り替えも上手いんですね。

 

冷静沈着で、いざという時に強いのは、自分の気持ちがぶれないからです。

 

 

理解力がない

 

自分のことしか考えない人に、

「人の気持ちってさ~」と説明しても、意味分かんないと返されます。

 

というか、僕が返された経験がある。

周りの人達は理解できても、その人には理解不能です。

 

 

子供に説明するように、単純な説明をしてあげないと、

「意味分かんない」と返されるだけです。

 

いやホント、絶句しちゃう位、

説明しても人の気持ちが分からない人っているんですよ。

 

絶句していたので言葉には出しませんでしたが、「マジかよ!」って心で思ってしまいました。

 

 

いかがでしたでしょうか?

自分のことしか考えない人の特徴6選でした。

 

下の動画は江原さんの動画はです。

 

不倫相手の言い分。

不倫が絶対の悪だとは思いませんが、言い分が酷すぎる。

 

追い詰められると、これ程に自分のことしか考えられなくなるのです。

 

 

 

それでは最後に、僕なりにそういう人の対処法を考えてみました。

 

 

2.自分のことしか考えない人の対処法

 

いやホント、自分のことしか考えない人って、

酷いケースありますけど、

正直そういう人とトラブったり、被害こうむりたくないじゃないですか?

 

 

自分が成長することはできても、相手を変えることは絶対に無理ではないけど難しいです。

 

変わるか変わらないかも分からないし、長期戦になりますし。

 

 

僕だったらそういう人とは関わりたくないし、

家庭や仕事の都合があるなら、早くそういう人から離れる計画を立てます。

 

 

でもですよ・・・

どうしても、どうにもならないんだったら、戦うしかないでしょう。

 

 

当然、第三者を立てて、論理的にですよ。

先にお伝えした通り、まともに戦えば弱い相手です。

 

 

理想は、そういう人は放っておいて、何事もなく関わらなくなるのが1番ですけどね。

<スポンサードリンク>

 

 

自分のことしか考えない人の特徴と対処法~まとめ~

 

自分のことしか考えない人って、一言で言えば、子供というか幼稚です。

無邪気な子供が残酷に見えるように、それと同じ状態です。

 

 

違うのは、大人か子供かの年齢と権限の違いです。

 

 

子供の年齢なら、子供なんだから仕方ないじゃんって思えるけど・・・

大人ですからね~

 

ましてや、DVとかで苦しめられてる人なんて、相手子供じゃなくて、大人だからね~!

 

「精神年齢は子供なんです」なんて言い分受け入れられません。

少なくとも僕は。

 

 

関連記事

嫌な上司の対処法!ストレスはエネルギーに変わる

関わりたくない人の特徴と職場の人間関係の対処法!

人間味の意味とは!人間らしい人が分かる脳の仕組み

<スポンサードリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*