朝勉強で起きれない人へ!本当は朝じゃなくても大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝に弱い方に朗報です!

 

朝に勉強するのが良い!

勉強法に興味がある方なら、1度は聞いたことがあるでしょう。

 

ですが、何故良いのか、ちゃんと理解していますか?

 

実は、ちゃんと理解できていれば、絶対に朝じゃなきゃいけない、という訳ではないんですよ。

 

どういうことなのか?

 

 

睡眠と太陽と脳科学の話になってしまいますが、少しでも分かりやすく、お伝えしたいと思います。

 

 

それでは

目次
1・朝に勉強するのが良いと言われているのは何故か?睡眠について
2・朝に勉強すると良いと言われているのは何故か?太陽について

の順に見ていきましょう。

 

まずは、睡眠とどのような関係があるのでしょうか?

 

 

1・朝に勉強するのが良いと言われているのは何故か?睡眠について

 

朝に勉強するのは何故良いのか。

まず、ここをはっきりと理解する必要があるでしょう。

 

まず、先に答えを言ってしまいます。

 

それは、脳の疲労がとれていて、頭の回転が良いからですね。

太陽の光がどうとかは、関係ありませんよ。

 

もちろん健康には関係ありますし、睡眠にも関係ありますし、その上での勉強ですが。

 

不健康では、勉強のパフォーマンスも落ちて当然ですからね。

それは、後半でお伝えしていきます。

 

 

では、話を戻します。

脳の疲労が取れているからとお伝えしましたね。

 

ということは、朝である必要はないんですね。

 

寝て起きて、脳がリフレッシュされている状態なら、同じ効果が期待できるということになります。

 

 

そして睡眠には、90分周期の波があって、

レム睡眠と、ノンレム睡眠という状態を交互に繰り返しているんですよ。

 

まず眠りに入ると、

ノンレム睡眠から入ります。

 

そして、1度目のノンレム睡眠では、疲労回復に効果がある成長ホルモンなどが、大量に分泌されるんです。

 

つまり、

眠りに入ってからの90分が、疲労回復の効果が高いということ。

 

それと、90分で1週なので、眠りに入って45分が、1番深い睡眠となります。

 

 

と、いうことなんですが、ちょっと難しい解りづらい説明だったかもしれませんね。

 

ですが、睡眠の仕組みをを、お伝えしたい訳ではないので、問題ないので安心して下さい。

 

では、何故こんな説明をしたのかというと、それは、仮眠をオススメしたいからです。

 

 

なので、この2つのポイントだけ抑えといてくれたらいいです。

 

  • 眠りに入って45分が1番深い眠り
  • 眠りに入って90分までが、1番疲労回復に効果がある

 

 

仮眠をとることで、

1日に2回、脳がリフレッシュされた状態を作れます。

 

ですが、それ以上はオススメしません。

 

それは何故かいうと、

30分ぐらいの仮眠なら体に良いようですが、

1時間を超える仮眠は、逆に体に悪いようなので。

 

死亡率や病気の発症率が、全体で見た場合、30分と1時間では全然違うようです。

 

 

でも、僕個人的に思うんですど、30分と1時間の差って、調節するの難しいですよね。

 

 

それでは次に行く前に、朝に弱い方へ~

面白い動画があったので貼ってみました。

 

凄い!

こんな画期的な起き方があるなんて知りませんでした。

 

下の動画をご覧ください。

 

(注)面白いだけです。

真似しないで下さい。

 

 

試してみる価値ありですね(笑)

 

 

はい、それでは次にいきます。

 

勉強するのに、朝である必要はないんですが、それでは何故朝が良いと言われているのでしょうか?

 

 

2・朝に勉強すると良いと言われているのは何故か?太陽について

 

勉強と睡眠の関係性については、理解頂けたと思います。

それを踏まえて、太陽との関係性を見ていきましょう。

 

では、また結論から言いますね。

普通に朝起きて、学校に行ったり、仕事に出ていれば問題ありません。

 

その理由は通学、通勤で日光を浴びているからです。

 

 

何で、太陽の光を浴びた方が良いかというと、全部繋がってるんですが、精神面、質の良い睡眠のために、

セロトニンという脳内物質が重要だからです。

 

そのセロトニンなんですが、光に反応して分泌されるという特性を持っています。

 

そして太陽の光は、人工的な、例えば、コンビニの蛍光灯の光なんかよりも、全然強いからです。

 

 

それでは、睡眠と太陽の話ばかりになってしまったので、簡単にまとめますね。

 

何故、朝の勉強が良いといわれているのか?

 

それは、生活習慣のためと、朝起きた時は、脳がスッキリしているから、朝の勉強は良いですよ、

と言われているんですね。

 

 

まぁ、他には太陽の光で言ったら、

概日リズムというのも関係していて、これも生活習慣のためなんですけど。

 

一応説明しておくと、

体内時計って24時間じゃないんですね。

 

24時間~25時間なんですよ。

 

その1時間の誤差で、昼夜逆転しないために朝起きて、セロトニンでリセットしましょう、ということです。

 

人間は起きてから、16時間すると眠たくなるようになってるので。

 

 

朝に勉強するのは何故良いのか~まとめ~

 

朝に勉強するのは、何故良いのかお伝えしてきました。

 

それは、脳と睡眠、睡眠と太陽、太陽と生活習慣、と順番に説明していきましたね。

これが、朝の勉強が良いと言われる、由縁でしょう。

 

ちゃんと理解できれば、絶対に朝である必要はないですね。

 

健康のことも考えて、あなたのライフスタイルに合った、時間の使い方をして下さい。

 

仮眠をとることで、1日2回、脳がリフレッシュしている状態を作ることができますよ。

 

仮眠のとりすぎには注意して下さいね。

 

 

関連記事

徹夜明けでテストに挑むのは、お酒を飲んで挑むのと同じ

暗記のコツは睡眠時間が関係している!ストレスも良くない

集中力を高めるトレーニング法!勉強の効率化の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*